芸能人・経営者のおくやみ情報

神田日勝(かんだにっしょう)

画家[日本]

1970年 8月25日 死去享年34歳

 - ウィキペディアより引用

神田 日勝(かんだ にっしょう、1937年12月8日 – 1970年8月25日)は日本の画家。
東京市板橋区練馬(現東京都練馬区練馬)生まれ。
7歳のときに戦火を逃れる為に一家で北海道鹿追町へ疎開し、そのまま定住。
農業をするかたわら独学で油絵をはじめ、その後、平原社美術協会展(平原社展)や全道美術協会展(全道展)、独立美術協会展(独立展)で活躍。
北海道を代表する画家として評価を得つつも、32歳で死去した。
ベニヤ板にペインティングナイフで描く力強いタッチのリアリズム絵画で知られる。
農家でもあったことから、農耕馬や牛などをモチーフにした絵も多い。
同じく画家で北海道教育大学教授であった神田一明は兄。

関連作品

「神田日勝」と関連する故人