芸能人・経営者のおくやみ情報

松田解子 氏(まつだときこ)

作家[日本]

2004年 12月26日 死去享年100歳

松田 解子(まつだ ときこ、本名:大沼 ハナ、1905年(明治38年)7月18日 - 2004年(平成16年)12月26日)は、日本の小説家である。
秋田県仙北郡荒川村出身。
長男は記録映画作家の大沼鉄郎。
三菱鉱山経営の荒川鉱山に育った彼女は、大盛小学校を卒業すると、鉱山の事務所でタイピストなどをしながら、文学に触れていた。
1923年に秋田女子師範(本科第二部、一年制)に入学、卒業後母校の大盛小学校に赴任する。
鉱山の過酷な労働条件をみるなかで、社会の矛盾を考えるようになり、1926年に職を辞して上京した。
上京後、労働運動に参加し、その中で大沼渉と結婚する。
結婚、子育てのなかの体験が、初期の作品のなかに生かされている。
1928年、読売新聞の女流新人短編募集に応じた「産む」が入選し、1929年には『女人芸術』に「乳を売る」が掲載される。
また、この年、同誌が応募した「全女性進出行進曲」にも入選し、山田耕筰の作曲でレコードにも吹きこまれた。
その後プロレタリア文学運動に参加し、小林多喜二や宮本百合子と知り合う。
プロレタリア文学運動が弾圧された後は、女性問題や産児制限の問題に関連した作品や、尾去沢鉱山の事故に取材したルポなど、さまざまな作品を書いた。

まつだ-ときこ 1905-2004昭和-平成時代の小説家。明治38年7月18日生まれ。大正15年上京し,労働運動家大沼渉と結婚。日本プロレタリア作家同盟にくわわり,「戦旗」「女人芸術」に小説,詩,評論を発表。昭和42年鉱山に生きる一女性の苦闘をえがいた長編小説「おりん口伝」で田村俊子賞をうけた。ほかに「地底の人々」「土に聴く」など。平成16年12月26日死去。99歳。秋田県出身。秋田女子師範卒。本名は大沼ハナ。 (引用元 コトバンク)

「松田解子」と関連する人物(故人)