芸能人・経営者のおくやみ情報

オーギュスタン・ピラミュ・ドゥ・カンドールAugustin Pyramus de Candolle

植物学者[スイス]

1841年 9月9日 死去享年64歳

 - ウィキペディアより引用

オーギュスタン・ピラミュ・ドゥ・カンドール(Augustin Pyramus de Candolle または Augustin Pyrame de Candolle、1778年2月4日 – 1841年9月9日)は、スイスの植物学者である。
王立協会外国人会員。
カンドールはチャールズ・ダーウィンの自然淘汰の原理に影響を与えた "自然の戦争"の考え方を示し、異なる種が、類似する環境のもとで、同じような性質を発達させるいわゆる「相似(analogy)」の現象を認識した。
一定の光の下でも、植物の葉の動きが日変化することを認識し、植物に内部的な生物時計があることを主張した。
オーギュストの子孫、アルフォンス・ドゥ・カンドール(Alphonse de Candolle)やカジミール・ピラミュ・ドゥ・カンドール(Casimir Pyrame de Candolle)も分類学の研究に貢献し、オーギュスタンが編集を始めた、植物カタログProdromus Systematis Naturalis Regni Vegetabilisの作成を行った。

オーギュスタン・ピラミュ・ドゥ・カンドールが亡くなってから、180年と88日が経過しました。(65833日)

「オーギュスタン・ピラミュ・ドゥ・カンドール」と関連する故人