芸能人・経営者のおくやみ情報

旭堂南陵 氏(きょくどうなんりょう)

講談師・四代目[日本]

(元 日本社会党所属衆議院議員)

2020年 7月30日 死去膵臓がん享年72歳

 - ウィキペディアより引用

旭堂 南陵(きょくどう なんりょう)は、上方講談(講釈師)の大名跡。
旭堂一門の留め名。
本来は「あさひどう」と読ませていたが江戸と区別させる為「きょくどう」となった。

特に2代目が著名で上方講談の復興に尽力し活躍、業績から「大南陵」呼ばれ次代の3代目は「小南陵」と呼ばれる。

本名:浅井金次郎、1858年 - 1911年。
駿河(静岡県)生まれ、
元は東京を拠点にしていたが旅回りの末大阪に移住した。
生玉神社の御旅所の席主も兼ねた。
「義士伝」を得意とした。
世話好きで門弟に養った。
晩年「旭堂一道」と改名。

1877年9月 大阪天満の染物屋に生れる。

1895年 東京から来た正流斎南窓(松本鉄之助)に師事。
初名は正流斎鶴窓。

1896年 初代旭堂南陵に入門し、旭堂南花となる。

関連作品