芸能人・経営者のおくやみ情報

ジャック・ウェルチ 氏John Francis “Jack” Welch

経営者、ゼネラル・エレクトリック 元会長[アメリカ]

2020年 3月1日 死去腎不全享年86歳

 - ウィキペディアより引用

ジョン・フランシス・“ジャック”・ウェルチ・ジュニア(John Francis "Jack" Welch Jr., 1935年11月19日 - )は、アメリカ合衆国の実業家。
1981年から2001年にかけて、ゼネラル・エレクトリック社の最高経営責任者を務め、そこでの経営手腕から「伝説の経営者」と呼ばれた。
マサチューセッツ州ピーボディのアイルランド系カトリック教徒の家庭に、ボストンメイン鉄道で働く車掌ジョンと主婦グレイスの子として生まれる。
1957年にマサチューセッツ大学を卒業。
その後、1960年にイリノイ大学で博士号を取得し、同年、ゼネラル・エレクトリック社に入社した。
最初の年収は10500ドルだった。
官僚的な組織に馴染めず、また1961年の昇給が僅か1000ドルだったこともあり、自分の専攻が活かせるイリノイ州スコーキの国際鉱物化学薬品に転職しようと早くから退社を考えるが、階級がひとつ上の役員ルーベン・ガトフが「失うのは惜しい」とウェルチを引き止める。

関連作品

「ジャック・ウェルチ」と関連する故人