芸能人・経営者のおくやみ情報

原知佐子 氏(はらちさこ)

女優[日本]

(旧芸名・田原知佐子、夫は映画監督・実相寺昭雄)

2020年 1月19日 死去上顎肉腫享年85歳

 - ウィキペディアより引用

原 知佐子(はら ちさこ。
本名: 実相寺 知佐子(じっそうじ ちさこ)、旧姓:田原。
1936年1月6日 - )は、日本の女優。
夫は映画監督の実相寺昭雄。
高知県高岡郡高岡町(現高知県土佐市)出身。
旧芸名は田原知佐子。
現代制作舎所属。

町立高岡第一小学校に在学中、先生から「この子は宝塚に入ったらいい」と言われ、芸能界に憧れる。
町立高岡中学を経て1954年に高知県立高知追手前高等学校を卒業。
宝塚歌劇団と松竹歌劇団を受験するが落ち、芸能人の多い京都に出ればコネでどこかに潜り込めるかもと思い同志社大学文学部美学美術学科に入学。
大学2年の1955年(昭和30年)、新東宝の「第4期スターレット」(同期には三ツ矢歌子、万里昌代らがいる)に合格し、大学を中退して入社し、翌年女優デビュー。
1959年(昭和34年)、東宝に移籍。
以後、主に脇役として数多くの映画、テレビドラマで活躍。
特に悪女役など憎々しい役柄には定評があり、中でも山口百恵主演の『赤いシリーズ』(大映テレビ制作)で演じたイビリ役は強烈な印象を残した。

関連作品