芸能人・経営者のおくやみ情報

高井保弘 氏(たかいやすひろ)

プロ野球選手[日本]

(プロ野球記録となる、代打として最多の本塁打27本を放つ。)

2019年 12月13日 死去腎不全享年75歳

高井 保弘(たかい やすひろ、 1945年2月1日 - )は、愛媛県今治市出身の元プロ野球選手(内野手)。
主に代打で活躍した選手として知られている。
愛称は「世界の代打男」。
通算代打本塁打27本の世界記録を残した。
「自分にとって代打とは何か」という質問に対して「一振りで家族を養う仕事」と答えた。
太目の体型から愛称はブーちゃん、ブータン。
娘は宝塚歌劇団73期生の松波美鶴。
今治西高校では1年次の秋から4番打者を任され、右翼を守った。
1962年に夏の甲子園愛媛県予選準決勝に進出するが川之江高校に敗退。
甲子園には出場できなかったものの、「四国に高井あり」と評価された。
社会人野球の名古屋日産モーター(野球部は後に休部。
会社は現在の愛知日産自動車)を経て、1964年に阪急ブレーブスに入団。
名古屋時代、高井の打球がグランド左翼後方の民家の屋根瓦を割ることがしばしばあり、阪急の丸尾千年次スカウトから注目されていた。
阪急のほかに2球団から誘いを受けていたが、高井はベテランが多い球団なら早くレギュラーに定着できると考え、当時人気が低かった阪急への入団を決意した。

関連作品