芸能人・経営者のおくやみ情報

舟越保武 氏(ふなこしやすたけ)

彫刻家[日本]

2002年 2月5日 死去多臓器不全享年91歳

舟越保武 - ウィキペディアより引用

舟越 保武(ふなこし やすたけ、1912年12月7日 - 2002年2月5日)は、日本の彫刻家。
佐藤忠良と共に戦後日本を代表する彫刻家。
新制作協会彫刻部創立会員。
東京藝術大学名誉教授。
文化学院出身。
直彫りによる石彫の第一人者とされ、日本でまだ石彫が珍しかった時代に、大理石や砂岩を使った作品に取り組み、独自のスタイルを築いた。
画家の妻道子との間に子供6人。
次男の舟越桂や三男の舟越直木も彫刻家として活躍。
娘の末盛千枝子(末盛憲彦の妻)は、児童文学編集者で「すえもりブックス」経営者。

推定関連画像

舟越保武さんが亡くなってから、22年と168日が経ちました。(8204日)