芸能人・経営者のおくやみ情報

ドロシー・フォンタナ 氏Dorothy Catherine Fontana

脚本家[アメリカ]

(TVシリーズ「スター・トレック」の脚本を担当。)

2019年 12月2日 死去享年81歳

 - ウィキペディアより引用

ドロシー・キャサリン・フォンタナ(Dorothy Catherine Fontana、D・C・フォンタナ)はアメリカ合衆国 アメリカの脚本家であり、SFテレビシリーズ『スタートレック』の仕事でよく知られている。

最初はジーン・ロッデンベリーの秘書を勤め、1966年から1968年にかけて『スタートレック』のオリジナルシリーズである『宇宙大作戦』(TOS) に参加した。
「宇宙暦元年7・21」、「宿敵クリンゴンの出現」、「惑星オリオンの侵略」のような記憶されるべきエピソードを書いている。
また、彼女は1987年には『新スタートレック』(TNG) の第一シーズンパイロットの「未知への飛翔」、1993年には『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』(DS9) のエピソード「共生結合体生物“トリル族”」も書いている。

関連作品