芸能人・経営者のおくやみ情報

河口慧海(かわぐちえかい)

侶・黄檗宗、仏教学者、探検家[日本]

1945年 2月24日 死去脳溢血享年80歳

河口 慧海(かわぐち えかい、1866年2月26日(慶応2年1月12日) - 1945年(昭和20年)2月24日)は、日本の黄檗僧、仏教学者、探検家。
幼名は定治郎。
僧名は慧海仁広(えかいじんこう)。
チベット名はセーラブ・ギャムツォ。
チベットでの通称はセライ・アムチー。
日本や中国の漢語仏典に疑問をおぼえ、仏陀本来の教えの意味が分かる書物を求めて、梵語原典やチベット語訳仏典の入手を決意し、日本人として初めてチベットへの入国を果たした。
『西蔵旅行記』『在家仏教』をはじめとして数多くの著作を残し、慧文社から著作選集も出版されている。
全ての著作が戦前に出版されたものであり、既に著作権が切れているため、国立国会図書館デジタルコレクションなどで当時の著作画像が閲覧できる他、『西蔵旅行記』などは青空文庫などでも公開されている。

関連作品

河口慧海が亡くなってから、76年と282日が経過しました。(28041日)

「河口慧海」と関連する故人