芸能人・経営者のおくやみ情報

関根伸夫 氏(せきねのぶお)

彫刻家[日本]

2019年 5月14日 死去享年78歳

 - ウィキペディアより引用

関根 伸夫(せきね のぶお、1942年9月19日 - )は埼玉県大宮市(現さいたま市)生まれの現代美術家、彫刻家。
多摩美術大学客員教授。
現在、埼玉県と米カリフォルニア州在住。
1968年から1970年にかけて「もの派」をリードする作品を次々に発表。
その後、「公共空間を活性化させるアート」に関心を移し、1973年、環境美術研究所を設立。
東京都庁舎シティーホール前の《水の神殿》をはじめ、さまざまなモニュメントやプロジェクトを実現している。
1942年 埼玉県大宮市に生まれる。
1961年 埼玉県立川越高等学校卒業。
1962年 多摩美術大学油絵科に入学。
1964年 多摩美の斎藤義重教室で指導を受ける。
1968年 3月 多摩美術大学大学院油画研究科修了。
1968年 4月 「トリックス・アンド・ヴィジョン 盗まれた眼」に《位相No.4》出品。
1968年 10月 第1回現代日本野外彫刻展に《位相-大地》を出品。
その圧倒的な強度が李禹煥らに注目され、「もの派」が生まれるきっかけとなった。
1968年 11月「長岡現代美術館賞展」に《位相-スポンジ》を出品、大賞を受賞。

関連作品

「関根伸夫」と関連する故人