芸能人・経営者のおくやみ情報

高島北海(たかしまほっかい)

日本画家[日本]

1931年 1月10日 死去享年80歳

 - ウィキペディアより引用

高島 北海(たかしま ほっかい、嘉永3年9月26日(1850年10月31日) - 昭和6年(1931年)1月10日)は、明治~大正期の日本画家。
本名は、得三(とくぞう)。
なお三女に映画女優の高島愛子がいる。
父親の手ほどきもあり、幼少の頃から絵を描くことが好きであったが後、徳山(現・山口県周南市)出身の大庭学僊(おおば がくせん)に本格的に学ぶ。
明治新政府の技官としての半生の上に、植物学の深い造詣を基礎とし、南画に写生の技法を加えた清新な山岳風景画を描いた。
1990年代以降には、近代アカデミズム成立以前の先駆的な地形学者、地質学者、地理学者としての再評価が進んでいる。

関連作品

  • タイトル
    写山要法
    種別
    ペーパーバック
    著者
    • 高岛北海傅抱石
    出版社
    浙江人民美术出版社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥1,217
    中古商品
  • タイトル
    RT写山要法 绘画 书籍
    種別
    ペーパーバック
    著者
    • [日]高岛北海著,傅抱石译
    出版社
    上海人民美术出版社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥4,510
    中古商品

高島北海が亡くなってから、90年と322日が経過しました。(33195日)

「高島北海」と関連する故人