芸能人・経営者のおくやみ情報

ピウス2世Pius II

ローマ教皇[イタリア]

(ユリウス暦) 1464年 8月14日 死去享年60歳

ピウス2世(Pius II、1405年10月18日 - 1464年8月14日)は、ルネサンス期のローマ教皇(在位:1458年 - 1464年)。
本名はアエネアス・シルウィウス・ピッコローミニ(ラテン語: Aeneas Silvius Piccolomini, イタリア語: Enea Silvio Piccolomini)。
シエナ出身で、シエナ大学で学ぶ。
元々人文主義者の代表的な人物で、詩人、歴史家として高名であり、神聖ローマ帝国に仕え、皇帝の側近、外交家としても知られていた。
教皇エウゲニウス4世時代のバーゼル公会議に神聖ローマ帝国の宰相として参加し、教皇派と公会議首位派の対立を収束させるべく尽力した。
その後聖職者となり、カリストゥス3世の死後、教皇に選ばれ、ピウス2世を名乗る。
1459年、枢機卿ヨハンネス・ベッサリオンの尽力を得て、ヨーロッパ諸国に呼びかけ召集したマントヴァ教会会議で、オスマン帝国に対する十字軍遠征を主張する。
消極的な神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世に対してはかなり強硬な態度で参加を迫ったにもかかわらず、彼をはじめとしてこれに応じる君主・国はほとんど存在しなかった。
1463年、十字軍を勧告する教書を再び発表し、1464年には十字軍の出発地として決定されたアンコーナに赴くが、同年8月に逝去。
遠征は直ちに中止された。
シエナ共和国にある故郷の町(コルシニャーノ、のち教皇の名に因んで「ピッコローミニ」と改称)を理想の都市にしようと考え、1459年、フィレンツェの建築家ベルナルド・ロッセリー ……

関連作品