芸能人・経営者のおくやみ情報

六角紫水 氏(ろっかくしすい)

漆芸家[日本]

1950年 4月15日 死去享年89歳

六角紫水 - ウィキペディアより引用

六角 紫水(ろっかく しすい、1867年4月24日(慶応3年3月20日) - 1950年(昭和25年)4月15日)は、日本の漆工芸家。
日本の漆工芸界の草分け。
旧姓・藤岡、幼名・仲太郎。
のち注多良と改名。
広島県能美島、大柿町(現江田島市)生まれ。
1883年(明治16年)広島師範学校初等師範科(現広島大学教育学部)卒業後、母校の小学校で教員を務めたのち上京、東京美術学校(現東京芸術大学)の一期生として漆工科へ入学。
1893年(明治26年)卒業と同時に同校漆芸科助教授就任。
岡倉天心とともに国内の古美術を研究した。
1898年(明治31年)、岡倉が同校を辞職した際にも行動をともにし日本美術院の創立に参加。
1904年(明治37年)、岡倉に随行して横山大観らとともに渡米。
ボストン美術館東洋部、メトロポリタン美術館に勤務し東洋美術品の整理に従事した。
その後欧米の日本美術を視察し1908年(明治41年)帰国。
母校で後進の指導に当たりながら、正倉院宝物や楽浪漆器など幅広い古典技法の研究と応用作品を発表。

ろっかくしすい [生]慶応3(1867).3.20.広島[没]1950.4.15.東京漆芸家。旧姓藤岡,本名注多良。1893年東京美術学校漆工科第1回の卒業生。同年より同校助教授となり,一時辞職したが,前後32年間にわたり母校で後進の指導に尽した。96~98年古社寺保存計画調査官として岡倉天心と国内各地を回り,1904年天心らと渡米。ボストン美術館東洋部,のちメトロポリタン美術館に勤務,08年ロンドン,パリ,ドイツ,ロシア,清国を経て帰国。帰国後は楽浪漆器,アルマイト漆器などの研究に力を注ぎ,特に白漆の完成に尽し漆工界に大きな業績を残した。27年帝展審査員,41年帝国芸術院会員となった。主要作品『岩に鶺鴒図額』(1904),『暁天吼号之図漆手箱』(30),『銀平文不動尊像軸盆』(43),『芦刈図刀筆硯箱』(47)。 (引用元 コトバンク)

「六角紫水」と関連する人物(故人)