芸能人・経営者のおくやみ情報

インゲ・レーマン 氏Inge Lehmann

地震学者[デンマーク]

1993年 2月21日 死去享年106歳

 - ウィキペディアより引用

インゲ・レーマン(Inge Lehmann、1888年5月13日 - 1993年2月21日)はデンマークの地震学者である。
地震波の研究や、地球のコアに内核と外核があり境界面にレーマン不連続面があることを初めて示した。
彼女はコペンハーゲンのオスタブロに生まれた。
父親は実験心理学者である。
コペンハーゲンの大学やケンブリッジで数学を学んだ。
保険会社で数年働いた後、測地学者、ニールス・ネアルン(英語版)の助手となり、デンマークやグリーンランドの地震の観測に従事することによって地震学に興味をもった。
1928年に測地学の資格をとり、デンマークの測地機関の地震学部門のリーダーになった。
1936年、地震のP波の内核による反射などについて、地表からの深さ 7006515000000000000♠5150 km の所に内核と外核の境界面があるとする論文を発表し、その見解は数年のうちに当時の指導的な地震学者のベノー・グーテンベルグやチャールズ・リヒター、ハロルド・ジェフリーズらによって認められた。
1953年にアメリカに渡り、数年間モーリス・ユーイングやフランク・プレスと協力し地球の地殻とマントルを研究した。
この間、深さ 7005190000000000000♠190 km から 7005250000000000000♠250 km の所にレーマン不連続面と呼ばれることになる境界面のあることを発見した。
小惑星(5632)Ingelehmannはレーマンに因んで命名された。
1997年、アメリカ地球物理学連合は、地球のマントルやコアの優れた業績に対して贈ら ……

関連作品