芸能人・経営者のおくやみ情報

香川景樹(かがわかげき)

歌人[日本]

(天保14年3月27日没)

1843年 4月26日 死去享年76歳

香川 景樹(かがわ かげき、明和5年4月10日(1768年5月25日) – 天保14年3月27日(1843年4月26日))は、江戸時代後期の歌人。
父は鳥取藩藩士荒井小三次。
初名は、純徳・景徳。
通称は銀之助・真十郎・式部・長門介。
号は桂園(けいえん)・東塢亭(とううてい)・梅月堂・観鶩亭(かんぼくてい)・臨淵社・万水楼・一月楼。
出仕した徳大寺家では「景樹」を「かげしげ」と呼んでいたが、景樹自身は自身の署名で「かげき」の読みを使っており、こちらの呼称が一般に通用している。

関連作品

香川景樹が亡くなってから、178年と217日が経過しました。(65232日)

「香川景樹」と関連する故人