芸能人・経営者のおくやみ情報

小崎弘道(こざきひろみち)

牧師、同志社第2代社長[日本]

(霊南坂教会を創設)

1938年 2月26日 死去享年81歳

小崎弘道 - ウィキペディアより引用

小崎 弘道(こざき ひろみち、1856年5月17日(安政3年4月14日) - 1938年(昭和13年)2月26日)は、日本の牧師。
霊南坂教会を創設し、同志社第2代社長(現総長)、日本組合基督教会会長、日本基督教連盟会長などを務めた。
神学者で牧師の小崎道雄は長男。
思想家、神学者、牧師の岩村信二は孫である。
海老名弾正、宮川経輝と共に「組合教会の三元老」と呼ばれた。
来歴[編集] 初期[編集] 安政3年(1856年)4月14日(5月17日)、熊本藩士・小崎次郎左衛門の5人兄弟の次男として肥後国託麻郡本山村(現在の熊本市中央区)に生まれる。
藩校時習館を経て、明治4年(1871年)に熊本洋学校に入学。
塾長補助や生徒取締を任せられ2円の収入を得たほか、小学校の算数教師も務めた。
熊本バンド結成[編集] 熊本洋学校の海老名弾正、浮田和民、横井時雄、金森通倫ら同期を含む35名が明治9年(1876年)1月29日、花岡山に集合しその翌日誓約に署名した際(熊本バンド結成)、当時儒教の道を選択していた小崎は参加しなかったが、のちの彼らに対して行われた迫害事件(花岡山事件)を転機として、海老名弾正らの勧めもあり、同年4月3日にL・L・ジェーンズから洗礼を受け、熊本バンドの一員となった。
同志社学生時代[編集] 同年の熊本洋学校閉鎖により同志社英学校に転入学、新島襄と出会う。
在学中に彦根伝道に加わり、明治12年(1879年)6月に同志社を卒業。
その後、新島と共に日向伝道を行った。

推定関連画像

小崎弘道が亡くなってから、86年と147日が経過しました。(31559日)