芸能人・経営者のおくやみ情報

杉内雅男 氏(すぎうちまさお)

囲碁棋士[日本]

2017年 11月21日 死去肺炎享年98歳

杉内 雅男(すぎうち まさお、大正9年(1920年)10月20日 - 平成29年(2017年)11月21日)は、囲碁棋士。
宮崎県出身、日本棋院所属、井上一郎五段門下。
主な実績はタイトル獲得2回(日本棋院早碁名人戦優勝、囲碁選手権戦優勝)、本因坊挑戦2回など。
常に囲碁一筋であることから「囲碁の神様」と呼ばれた。
夫人は杉内寿子八段。
昭和12年(1937年)に入段してから平成29年(2017年)に死去するまでの現役棋士生活は80年を超え、97歳の最年長現役棋士(当時)として最終対局を打ったのは死去の19日前であった。
90歳を超えても打ち分けに近い年間成績を維持し、死去した2017年にも2勝を挙げるなど、その実力は最後まで健在であった。

関連作品

杉内雅男さんが亡くなってから、6年と217日が経ちました。(2409日)

「杉内雅男」と関連する故人