芸能人・経営者のおくやみ情報

辻嘉一 氏(つじかいち)

料理人[日本]

1988年 11月17日 死去享年82歳

辻 嘉一(つじ かいち、1907年1月2日 - 1988年11月17日)は、日本の料理人。
京都市生まれ。
実父は「辻留」の初代料理人・辻留次郎。
実子は三代目・辻義一。
1954年に「辻留」の東京出店を果たす。
「辻留」は、裏千家からの指導をもとに京都・東山に開いた懐石料理店である。
著書 『懐石料理 風炉の巻』河原書店 1949 『懐石茶事二ケ年』河原書店 1950 『懐石料理 第2 (炉の巻)』河原書店 1950 『茶懐石』婦人画報社 1958 『料理のお手本』文芸春秋新社 1958 のち中公文庫 『味噌汁三百六十五日』婦人画報社 1959 『御飯の手習』婦人画報社 1960 『庖丁控』婦人画報社 1960 『料理コツのこつ』婦人画報社 1961 『現代豆腐百珍 辻留』婦人画報社 1962 『辻留懐石伝書向附』婦人画報社 1964 『辻留煮たきもの』日本放送出版協会 1964 『焼物 懐石料理』婦人画報社 1965 『煮たもの』婦人画報社 1966 『家庭料理のコツ 日本料理篇』文芸春秋 1967 文春実用百科 『献立帳』三月書房 1967 のち光文社知恵の森文庫  『四季のもてなし料理』婦人画報社 1967 『八寸・口取』婦人画報社 1968 『御飯と味噌汁 懐石伝書』婦人画報社 1969 『点心 懐石伝書』婦人画報社 1969 『会席料理の一年』女子栄養大学出版部 1972 『辻留・料理心得帳』婦人画報社 1972 のち中公文庫 『名品茶懐石』婦人画報社 1973 『椀盛 懐石伝書』婦人画報社 1973 『大福帳』三月書房 1974 『包丁余話』日本経済新聞社 1974 のち中公文庫 『煮合わせと香のもの 辻留・伝承料理』婦人画報社 1975 『裏千家懐石』淡交社 1976 『辻留月々の趣向料理』婦人画報社 1976 『味覚三昧』中央公論社 1976 のち文庫 『おつくり・おつまみ 辻留・伝承料理』婦人画報社 1977 『食味』PHP研究所 1977 『焼いたもの 辻留・伝承料理』婦人画報社 1977 『味のいろは歌留多』PHP研究所 1978 のち中 ……

関連書籍

つじ-かいち 1907-1988昭和時代の料理研究家。明治40年1月2日生まれ。京都の裏千家専門の茶懐石料理屋「辻留」の2代をつぐ。昭和29年東京に進出。テレビの料理番組にも出演し,日本の伝統料理の普及につくした。昭和63年11月17日死去。81歳。京都出身。著作に「茶懐石」「味のいろは歌留多(かるた)」など。【格言など】上手切らずに下手切らずといういましめが包丁の使い方にあります(「滋味風味」) (引用元 コトバンク)

「辻嘉一」と関連する人物(故人)