芸能人・経営者のおくやみ情報

相良守峯 氏(さがらもりお)

ドイツ文学者[日本]

1989年 10月16日 死去享年95歳

相良 守峯(さがら もりお、1895年(明治28年)4月14日 - 1989年(平成元年)10月16日)は、日本の独文学者、東京大学名誉教授、鶴岡市名誉市民(第一号)、勲二等瑞宝章受章、文化勲章受章。
贈従三位(没時叙位)、贈勲一等瑞宝章(没時陞叙)。
山形県鶴岡市出身。
幼名は鈇太郎(おのたろう)だったが、鉄太郎(てつたろう)と間違えられることが多かったため、数え23歳の年の瀬に郡長の許可を得て守峯と改めた(『茫々わが歳月』p.7)。
木村謹治とともに編纂した独和辞典は「キムラ・サガラ」と呼ばれた。
大独和辞典の編纂やゲーテの研究等でも有名。
日本独文学会の創設に貢献した。
相良守一の長男として鶴岡市若葉町に生まれる。
縁戚に清河八郎、齋藤磯雄がいる(『茫々わが歳月』p.285)。
1913年(大正2年) - 荘内中学校(現・山形県立鶴岡南高等学校)卒業 1917年(大正6年) - 第四高等学校 (旧制)卒業 1921年(大正10年) - 東京帝国大学ドイツ文学科卒業、早稲田大学理工科講師 1922年(大正11年) - 水戸高等学校 (旧制)教授 1924年(大正13年) - 第一高等学校 (旧制)教授 1930年(昭和5年) - 文部省在外研究員としてドイツ・イタリア・アメリカに留学 1933年(昭和8年) - 東京帝国大学助教授 1940年(昭和15年) - 「木村・相良独和辞典」刊行。

さがらもりお [生]1895.4.14.鶴岡[没]1989.10.16.東京ドイツ文学者。第四高等学校,東京大学に学ぶ。第一高等学校教授を経て東大教授。中世ドイツ語・ドイツ文学の権威。『中世叙事詩の研究』(1948)などのほか,『木村・相良独和辞典』(木村謹治と共編),『独和大辞典』により多大の貢献をした。また翻訳も多く,特に『ニーベルンゲンの歌』,ゲーテ『ファウスト』は有名。1952年「日本ゲーテ協会」を再建,主宰。68年西ドイツゲーテ協会のゲーテ金賞,85年文化勲章受章。 (引用元 コトバンク)