芸能人・経営者のおくやみ情報

有島武郎(ありしまたけお)

小説家[日本]

1923年 6月9日 死去心中自殺享年35歳

有島武郎 - ウィキペディアより引用

有島 武郎(ありしま たけお、1878年(明治11年)3月4日 - 1923年(大正12年)6月9日)は、日本の小説家。
学習院中等科卒業後、農学者を志して北海道の札幌農学校に進学、洗礼を受ける。
1903年に渡米。
ハバフォード大学大学院を経て、ハーバード大学で1年ほど歴史、経済学を学ぶ。
帰国後、志賀直哉や武者小路実篤らと共に同人「白樺」に参加する。
1923年、軽井沢の別荘(浄月荘)で波多野秋子と心中した。
代表作に『カインの末裔』『或る女』や、評論『惜しみなく愛は奪ふ』がある。

関連作品

有島武郎が亡くなってから、99年と72日が経過しました。(36232日)