芸能人・経営者のおくやみ情報

ギュスターヴ・モローGustave Moreau

画家[フランス]

1898年 4月18日 死去享年73歳

 - ウィキペディアより引用

ギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau, 1826年4月6日–1898年4月18日)は、フランスの象徴主義の画家である。
パリに生まれパリで亡くなった。
聖書や神話に題材をとった幻想的な作風で知られる。
印象派の画家たちとほぼ同時代に活動したモローは、聖書やギリシャ神話をおもな題材とし、想像と幻想の世界をもっぱら描いた。
彼の作品は19世紀末のいわゆる『世紀末』の画家や文学者に多大な影響を与え、象徴主義の先駆者とされている。
生涯 修行時代と初期の画業 1826年、パリに生まれた。
父はパリ市とポリーヌ・デモティエの建築家ルイ・モロー (Louis Moreau)。
母は音楽家だった。
ギュスターヴは体が弱く、6歳のころから素描をして遊ぶようになった。
1843年に最初のイタリア旅行をした。
1844年にフランソワ=エドゥアール・ピコ (François-Edouard Picot 1786-1868) の弟子となった。
1846年、エコール・デ・ボザール(官立美術学校)に入学。
1848年と1849年に2度にわたりローマ賞のコンクールに挑戦し失敗した。

関連作品