芸能人・経営者のおくやみ情報

鳥養利三郎(とりがいりさぶろう)

電気工学者[日本]

1976年 9月24日 死去享年90歳

鳥養 利三郎(とりがい りさぶろう、1887年2月8日 - 1976年9月24日 )は、日本の電気工学者。
元京都大学総長、京都大学名誉教授。
工学博士。
従二位勲一等、元日本学士院会員、文化功労者。
京都市名誉市民。
徳島県生まれ。
黎明期の日本の電気工学界を支えた重鎮。
高電圧過渡現象の測定や高周波焼入に関する研究で業績を上げた。
また、教育行政においても手腕を発揮し、京都大学総長・電気学会会長・大学基準協会副会長などを務めた。
特に、京都大学総長としては、戦後の混乱期を支えた名総長として知られている。

関連作品