芸能人・経営者のおくやみ情報

村上浪六(むらかみなみろく)

作家[日本]

1944年 12月1日 死去享年80歳

村上浪六 - ウィキペディアより引用

村上 浪六(むらかみ なみろく、1865年12月18日(慶応元年11月1日) - 1944年(昭和19年)12月1日)は、日本の小説家。
本名信(まこと)。
和泉国生まれ。
デビュー作『三日月』が好評を得て、以後『井筒女之助』『奴の小万』『妙法院勘八』などの侠客物を多く書いて人気を博し、いわゆる「撥鬢小説」の名を生んだ。
他に『当世五人男』などがある。
人物[編集] 和泉国堺生まれ。
本名は信(まこと)。
別号はちぬの浦浪六。
幼児期に父親が亡くなったため母の手で育ち、小学生のときに税所篤に引き取られ、目をかけられ実業家、政治家を目指すが、失敗。
1891年、『郵便報知新聞』の森田思軒の勧めで小説「三日月」を書き、以後小説家として一世を風靡する。
また、遅塚麗水、村井弦斎、原抱一庵との四人で「報知の四天王」と呼ばれた。
侠客が活躍する小説を得意とし、撥鬢小説(ばちびん-)と呼ばれた。
大正期には、生前から『浪六全集』が出るなど(生前の全集は誤用で、恐らく浪六全集に始まる)、大衆に人気があった。
『当世五人男』(1896年)が代表作。
三男は女性史・服飾史・医学研究家の村上信彦。
孫(三女の子)に浅沼稲次郎を刺殺した山口二矢がいる。
著書[編集] 『三日月』春陽堂、1891 『井筒女之助』(ちぬの浦) 春陽堂 『鬼奴』(ちぬの浦) 春陽堂、1892 『奴の小万』春陽堂 『破大皷』春陽堂、1893 『夜嵐』春陽堂 『浪六漫筆』春陽堂 『征清軍記』村上信 ……

関連作品

  • タイトル
    明治文學全集 89 明治歴史文學集(一)
    種別
    単行本
    著者
    • 村上浪六
    • 稲垣達郎
    • 塚原渋柿園
    出版社
    筑摩書房
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥8,250
    中古商品
    ¥589より
  • 品名
    我五十年
    販売者
    加島虎吉
    発売日
    新品価格
    ¥3,150
    中古商品
    ¥3,150より

村上浪六が亡くなってから、79年と233日が経過しました。(29088日)