芸能人・経営者のおくやみ情報

ヨハネス・ファン・デル・ワールスJohannes van der Waals

物理学者[オランダ]

1923年 3月8日 死去享年87歳

ヨハネス・ディーデリク・ファン・デル・ワールス(Johannes Diderik van der Waals, 1837年11月23日 - 1923年3月8日)は、オランダの物理学者。
分子の大きさと分子間力を考慮した気体の状態方程式を発見し、1910年にオランダ人として3人目のノーベル物理学賞を受賞した。
ヨハネス・ファン・デル・ワールスの業績の重要さは以下の点にある。
彼の状態方程式は気体と液体を区別なく扱うことができた。
これは気体と液体が連続であるということを示しており、全く新しい考え方であった。
彼の状態方程式は多くの気体・液体に当てはまり、きわめて普遍性が高かった。
この普遍性により、当時液化されていなかった水素やヘリウムの状態方程式を予言することができ、低温物理学への道が拓かれた。
他に、この研究を発展させた混合気体の理論や、液体の表面張力に関する研究もある。

ヨハネス・ファン・デル・ワールスが亡くなってから、98年と265日が経過しました。(36060日)