芸能人・経営者のおくやみ情報

ローザ・ボヌールRosa Bonheur

画家彫刻家[フランス]

1899年 5月25日 死去享年78歳

ローザ・ボヌール(Rosa Bonheur, 1822年3月16日 ボルドー - 1899年5月25日 トメリ(フランス語版))、本名マリー・ロザリー・ボヌール(Marie Rosalie Bonheur)は、フランスの写実主義画家、彫刻家。
動物の姿をありのままに捉えた作品を多数残した。
ジョルジュ・サンドやサラ・ベルナールなどと並び、フェミニズム初期を代表する人物の一人である。
当時女性が画家になるというのは非常に珍しく、そういった意味での注目は若い頃よりあったが、1855年に描き上げた『馬の市』にてその名声を確固たるものとした。
フランスの最高勲章であるレジオンドヌール勲章を女性芸術家としてはじめて受け、また女性ではじめてオフィシエに昇格した人物としても知られる。
フランスのみならずイギリスとアメリカ合衆国でも成功を収めた。

ローザ・ボヌールが亡くなってから、122年と195日が経過しました。(44756日)

「ローザ・ボヌール」と関連する故人