芸能人・経営者のおくやみ情報

ジェニー・リンドJohanna Maria Lind

声楽家・オペラ歌手[スウェーデン]

1887年 11月2日 死去享年68歳

 - ウィキペディアより引用

ヨハンナ・マリア・リンド(Johanna Maria Lind, 1820年10月6日 - 1887年11月2日)は、スウェーデンのオペラ歌手。
ジェニー・リンドとしてよく知られており、しばしば「スウェーデンのナイチンゲール」と称された。
19世紀において最も注目を集めた歌手の一人であり、スウェーデンやヨーロッパ中でソプラノの役を演じていた。
1840年からはスウェーデン王立音楽アカデミーの会員であった。
彼女の極めて大きな人気を博したアメリカツアー(en)は1850年に始まった。
リンドは1838年の「魔弾の射手」のスウェーデン公演後に有名になった。
数年のうちに声の障害に苦しむようになるが、歌唱の指導者だったマヌエル・ガルシアが彼女の声を救った。
彼女は1840年代にはスウェーデンと北ヨーロッパ中で非常に多くのオペラの役を演じ、メンデルスゾーンの弟子になっている。
ロンドンでの熱狂を巻き起こした2回のシーズンを最後に、29歳の彼女はオペラからの引退を表明する。
1850年、興行師P・T・バーナムの招きに応じてリンドは渡米する。
彼女はバーナムの興行で93回の大規模な演奏会に出演し、その後は自らの運営でツアーを継続した。
彼女はこれらの演奏会を通じて350,000ドル以上を手にしており、それを慈善事業の推進、主にスウェーデンのフリースクールの基金へと寄付した。
彼女は1852年に新しく夫となったオットー・ゴルトシュミットと共にヨーロッパへ戻り、1855年にイングランドに住まいを ……

関連作品

ジェニー・リンドが亡くなってから、134年と25日が経過しました。(48969日)

「ジェニー・リンド」と関連する故人