芸能人・経営者のおくやみ情報

エットレ・ソットサス 氏Ettore Sottsass

建築家、工業デザイナー[イタリア]

2007年 12月31日 死去享年91歳

 - ウィキペディアより引用

エットレ・ソットサス(Ettore Sottsass、1917年9月14日オーストリア=ハンガリー帝国・インスブルック生まれ - 2007年12月31日ミラノで没)はイタリアの建築家、インダストリアルデザイナー。
ソットサスは戦後イタリアン・デザインに対する世界的な評価を高めた一人で、その作品・スタンスは、影響力が強く、派手で独創性に優れ、時には称えられ時には批判も受けた。
ソットサスは、1958年にオリベッティ社の製品デザインで名を知られるようになった。
1959年にはオリベッティのイタリア初の大型コンピュータ・エレア9003を手がけ、1960年代にはコンピュータや周辺機器をはじめ、「テクネ3」や「ヴァレンタイン」といったポータブル・タイプライターなど数多くの製品デザインを行った 。

関連作品

「エットレ・ソットサス」と関連する故人