芸能人・経営者のおくやみ情報

ウィリアム・ファウラー 氏William Alfred "Willy" Fowler

天体物理学者[アメリカ]

1995年 3月14日 死去享年85歳

ウィリアム・アルフレッド・ファウラー(William Alfred "Willy" Fowler, 1911年8月9日 - 1995年3月14日) はアメリカ合衆国の天体物理学者である。
1983年「宇宙における化学元素の生成にとって重要な原子核反応に関する理論的および実験的研究」の功績によりノーベル物理学賞を受賞した。
ピッツバーグで生まれた。
オハイオ州立大学を卒業し、カリフォルニア工科大学で学位を取った。
1946年、カリフォルニア工科大学の教授に就任。
1957年にマーガレット・バービッジ、ジェフリー・バービッジ、フレッド・ホイルと共著の論文(4人の名前からB2FH論文と呼ばれる)は、恒星のなかでの元素の起源に関するその分野での重要な論文である。
ファウラーは、炭素を合成するトリプルアルファ反応が働くために必要なエネルギー準位を、炭素原子核が持つことを実験で証明した。

関連作品