芸能人・経営者のおくやみ情報

パーシー・ブリッジマンPercy Williams Bridgman

物理学者[アメリカ]

1961年 8月20日 死去享年80歳

パーシー・ウィリアムズ・ブリッジマン(Percy Williams Bridgman、1882年4月21日 - 1961年8月20日)は、アメリカの物理学者である。
高圧の研究で、1946年ノーベル物理学賞を受賞した。
マサチューセッツ州ケンブリッジに生まれた。
1900年にハーバード大学に入り、物理を学んだ。
1910年から教官を務め、1919年教授になった。
1905年から高圧下の物質の性質の研究を始め、高圧装置の改良を行った。
当時の装置が300MPaの圧力しか発生できなかったのに対して10GPa以上の高圧を出すことのできる装置を発明した。
液体自体の圧力を用いてシールする方法も開発し、ブリッジマン・シールと呼ばれる。
開発した高圧装置を使って、高圧下の物質の電気抵抗などを研究した。
また単結晶を成長させる方法をタンマンとは別に開発し、その方法はブリッジマン法と呼ばれる。
科学哲学の分野で「操作主義」と呼ばれる科学観の提唱者としても知られる。
世界平和に関してラッセル=アインシュタイン宣言に署名した11人の科学者の1人である。
「高圧物理学の礎を築いた功績」に敬意を表して、2014年にケイ酸塩ペロブスカイト((Mg,Fe)SiO-3)は、ブリッジマナイト(bridgmanite)と命名された。

関連作品

パーシー・ブリッジマンが亡くなってから、60年と105日が経過しました。(22020日)