芸能人・経営者のおくやみ情報

ミラード・フィルモアMillard Fillmore

アメリカ合衆国第13代大統領[アメリカ]

1874年 3月8日 死去享年75歳

 - ウィキペディアより引用

ミラード・フィルモア(Millard Fillmore, 1800年1月7日 - 1874年3月8日)は、アメリカ合衆国の政治家、弁護士で、第12代副大統領および第13代大統領。
大統領の死に際して副大統領から昇格した2人目の大統領で、ザカリー・テイラーがコレラで死去した後の大統領職を継いだ。
フィルモアは米墨戦争の間に併合された領土に奴隷制度を導入しないという提案に反対し(南部諸州を宥めるため)、1850年協定を支持し、同協定に署名した。
その中には逃亡奴隷法(ブラッドハウンド法)も含まれた。
インディアンに対しては徹底排除の方針を採り、1851年には「第一次ララミー砦条約(英語版)」を締結させ、ミズーリ川以西の多数のインディアン部族からその領土を奪った。
外交政策においては日本との貿易を進め、ハワイを併合しようとするナポレオン3世と衝突、フランスやイギリスと共にキューバに侵入しようとしたナルシソ・ロペス(英語版)の動きに対抗した。
大統領職後はノーナッシング・ムーブメントに加わり、南北戦争の間にはリンカーン大統領に反対、レコンストラクションの期間にはジョンソン大統領を支持した。
フィルモアはバッファロー大学の共同設立者であり、バッファロー・エリー郡歴史協会の設立に尽力した。
日本史においては、ペリーを日本に派遣した大統領として記憶されている。
幕府は正式にこれを受理した。
このことで国際的に検討を必要としたので、日本は開国に向け ……

関連作品

  • タイトル
    アメリカ大統領図鑑
    種別
    単行本
    著者
    • 米国大統領研究編纂所
    • 開発社
    出版社
    秀和システム
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥5,100
    中古商品
    ¥648より

ミラード・フィルモアが亡くなってから、147年と267日が経過しました。(53959日)