芸能人・経営者のおくやみ情報

アントン・デ・ハーエンAnton de Haen

医師[オランダ→オーストリア]

1776年 9月5日 死去享年73歳

アントン・デ・ハーエン(Anton de Haen 、1704年12月8日 – 1776年9月5日)はオランダ生まれの、オーストリアで働いた医師である。
ウィーンに最初に設立された近代的な病院の初代の院長となった。
臨床医学の発展に貢献した。
ハーグに生まれた。
ライデン大学でヘルマン・ブールハーフェのもとで学んだ。
1754年、オーストリアのウィーン大学に招かれ、大学の病院の院長となり臨床医学の教育を行った。
ゲラルド・ファン・スウィーテンの協力のもとに組織的な医学教育を組織した。
病理解剖を行う他、患者の病歴を記録を行った。
早い時期に、治療における体温測定の重要性を認識したひとりで、継続的な測定を行った。
スウィーテンの死後はマリア・テレジアの侍医の職を継いだ。

アントン・デ・ハーエンが亡くなってから、245年と91日が経過しました。(89577日)