芸能人・経営者のおくやみ情報

山本浩三 氏(やまもとこうぞう)

元同志社大学長・憲法学[日本]

2015年 11月7日 死去享年91歳

山本浩三(やまもとこうぞう、1936 年 - )は日本の建築家。
経歴[編集] 鳥取県生まれ。
1960年に東京大学工学部建築学科卒業。
東京大学大学院数物系研究科に進学し、丹下健三研究室在籍。
1962年に修士課程修了。
丹下健三設計事務所URTECに入る。
1988年取締役、パリ事務所所長、副社長を経てURTECを退職。
その間、20数カ国の海外プロジェクトに携わる。
1988年に山本浩三都市建築研究所設立。
1990年から1994年まで、因幡万葉歴史館を設計。
1990から1993年まで、オーチャード通りコマーシャルセンター(シンガポール)を設計。
1992から1995年まで、わらべ館を設計。
1993から1998年まで、ソフィテル・ウェストレイク国際ホテル(ハノイ)設計。
1998から1999年まで、在日サウジアラビア大使館を設計。
2005年から2010年まで、林町住宅建て替え[1]・エクアス小石川林町を設計。
参考[編集] 脚注 ^ 美しい日本のまちづくりにむけて建築家のできること-35年の海外経験をとおして思うこと- ^ 拡張型博物館 建築思潮研究所 - 2002 文献 建築ジャーナル 建築集 山本浩三都市建築研究所(東京都中央区) 2011年5月 日経アーキテクチュア:1997年11月3日号 「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=山本浩三&oldid=77659344」から取得 カテゴリ: 20世紀日本の建築家1936年生鳥取県出身の人物東京大学出身の人物隠しカテゴリ: 典拠管理識別子が1つもない記事 最終更新 2020年5月22日 (金) 02:02 (日 ……

関連作品

山本浩三さんが亡くなってから、8年と256日が経ちました。(3178日)

「山本浩三」と関連する故人