芸能人・経営者のおくやみ情報

オーギュスト・シャルロワAuguste Honoré Charlois

文学者[フランス]

1910年 3月26日 死去享年47歳

オーギュスト・オノレ・シャルロワ(Auguste Honoré Charlois、1864年11月26日 – 1910年3月26日)はフランスの天文学者である。
ニース天文台で働き99個の小惑星を発見した。
シャルロワは1887年に最初の小惑星 (267) ティルザを発見した。
(433) エロスについては、グスタフ・ヴィットが発見した同じ夜に撮影に成功したが、行動が遅れ、ヴィットの発見の発表に先んじられた。
肉眼観測による小惑星探索の時代から、シャルロワは小惑星探索を始めたが、1891年にマックス・ヴォルフによって天文写真による小惑星探索がはじめられると、急激に小惑星の発見の速度は増加した。
ヴォルフとシャルロワの2人はそれぞれ、それまで肉眼による探索によって発見された小惑星より多い小惑星を発見した。
シャルロワは46歳の時、彼の再婚に激怒した前妻の兄弟に殺された。
小惑星 (1510)シャルロワはシャルロワの功績を記念して命名された。