芸能人・経営者のおくやみ情報

三島敏夫 氏(みしまとしお)

歌手[日本]

2014年 8月17日 死去享年89歳

三島 敏夫(みしま としお、1926年11月10日 - 2014年8月17日)は、日本のハワイアン歌手、演歌歌手。
サイパン島の出身で、聖学院中学校を経て明治大学商学部を卒業。
1943年、予科練に入隊。
1945年、台湾高雄市近くの基地で水上特攻兵器震洋の特別攻撃隊の一員に選ばれるが、出撃前に敗戦となったため一命を取り留めた。
復員後、明治大学に入学。
明大では学生バンドを組み、1948年、寺部頼幸とココナッツ・アイランダースのハワイアン歌手としてデビュー。
昭和30年代の始めには、バッキー白片とアロハハワイアンズや、和田弘とマヒナスターズでボーカルを務める。
1963年に独立し「三島敏夫とそのグループ」を結成。
ソロ歌手として「面影」(1964年)、「松の木小唄」(1965年。
二宮ゆき子、朝丘雪路らと歌詞違いの競作)、「人妻椿」(1966年。
同名テレビドラマの主題歌。
松平晃のカバー)などがヒットし、ゴールデンヒット賞を受賞した。
「三島敏夫とそのグループ」名義でも「女って可愛いね!」(1968年)、「錦糸町ブルース / すすきのブルース」(1969年)などのヒット曲がある。

関連作品

「三島敏夫」と関連する故人