芸能人・経営者のおくやみ情報

ボブ・フォッシー 氏Bob Fosse

映画監督、振付師[アメリカ]

1987年 9月23日 死去享年61歳

 - ウィキペディアより引用

ボブ・フォッシー(Bob Fosse, 1927年6月23日 - 1987年9月23日)はアメリカ合衆国の振付師・映画監督。
ノルウェー人の父とアイルランド人の母のもとにシカゴで生まれた。
1950年代のメトロ・ゴールドウィン・メイヤーミュージカルでダンサー兼振付師として活躍した。
13歳で自身のダンス・グループ"The Riff Brothers"を率い、15歳ですでに振り付けをはじめていたという。
その後、ブロードウェイ・ミュージカルの演出を手掛け、『くたばれ!ヤンキース』や『スイート・チャリティ』、『シカゴ』で振り付けを担当している。
ダンサーとして映画に出演もしていたが、1968年に舞台の映画化『スイート・チャリティー』で監督デビューした。
1973年には『キャバレー』でアカデミー監督賞を、"Pippin"でトニー賞を、ライザ・ミネリ主演の"Liza with a Z"でエミー賞を受賞。
1年のうちにこれだけの賞を獲得した人物は彼だけである。
また、1979年の『オール・ザット・ジャズ』ではカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞している。

関連作品