芸能人・経営者のおくやみ情報

ボー・グエン・ザップ 氏

軍人[ベトナム]

(ベトナム独立の英雄)

2013年 10月4日 死去享年103歳

ボー・グエン・ザップ - ウィキペディアより引用

『ヴォー・グエン・ザップ』より : ヴォー・グエン・ザップ(ベトナム語: Võ Nguyên Giáp, 漢字:武元甲、1911年8月25日 - 2013年10月4日)は、ベトナムの軍人、政治家。
ベトナム共産党政治局員。
ベトナム人民軍 (QĐND) 総司令官。
最終階級は大将であった。
優れた軍事戦術家であったザップは、フランスの植民地支配の際、ディエンビエンフーの戦いによって、フランス領インドシナからベトナムを解放し、ベトナム人民軍の指導者としてアメリカ軍及び南ベトナム軍との戦いを指揮し、ベトナムを再統一する大きな原動力となった。
その名采配から、西側諸国からは「赤いナポレオン」と呼ばれ、ベトナム人民からは「ベトナム救国の英雄」として、ホー・チ・ミンと共に、深い敬愛と尊敬を集めた。
独立運動 1911年(1912年説あり)、フランス領インドシナのクアンビン省に生まれる。
父のヴォー・クアン・グエンと母のグエン・チー・キンは地主であり、何不自由ない幼少期を過ごした。
父は炭鉱職員として働く傍ら独立運動家でもあり、ザップが生まれる前にも2度独立運動に参加していた。

(ベトナム語: Võ Nguyên Giáp, 漢字: 武元甲, 1911年8月25日 - 2013年10月4日) ベトナムの軍人、政治家。元ベトナム共産党政治局員。ベトナム人民軍 (QDND) 総司令官。大将。 1911年ベトナム北部で生まれる。1926年・1927年の学校ストライキに参加する過程で反フランス運動に加わる。1932年頃からハノイでフランス史の講師を務める。1940年6月、ファム・バン・ドンと雲南省に脱出、昆明でホー・チ・ミンに出会う。1944年に武装宣伝解放軍を作り、ベトナム人民軍の基礎を創設。ベトナム八月革命の第一次インドシナ戦争では軍最高司令官としてフランス軍。1960年代初頭から1975年4月30日のベトナム戦争(第二次インドシナ戦争)においては、アメリカ軍及びベトナム共和国軍(南ベトナム軍)との戦いを指揮し、ベトナムを再統一する大きな原動力となった。その采配から、「赤いナポレオン」と呼ばれた。 (引用元 Hatena Keyword)

「ボー・グエン・ザップ」と関連する人物(故人)