芸能人・経営者のおくやみ情報

奥原晴湖(おくはらせいこ)

画家[日本]

1913年 7月28日 死去享年77歳

 - ウィキペディアより引用

奥原 晴湖(おくはら せいこ、天保8年8月15日(1837年9月14日) - 大正2年(1913年)7月28日)は、幕末から明治期の画家。
野口小蘋とともに明治の女流南画家の双璧といわれ、また安田老山と関東南画壇の人気を二分した。
本名は池田せつ(節)、通称せい子。
はじめ石芳と号するが、のちに秋琴・珠琴・蘭瑛・雲錦・静古・星古などとした。
堂号(居宅・画室)に墨吐煙雲楼・繍水草堂など。
下総古河町(茨城県古河市)の人。

関連作品

奥原晴湖が亡くなってから、108年と126日が経過しました。(39573日)