芸能人・経営者のおくやみ情報

大口広司 氏(おおぐちひろし)

ドラマー、俳優[日本]

2009年 1月25日 死去肝臓がん享年60歳

大口 広司(おおぐち ひろし、1950年11月28日 - 2009年1月25日)は、埼玉県出身で1960年代を代表するグループ・サウンズ『ザ・テンプターズ』のドラマー。
その後は俳優業へ転身する傍ら、服飾デザイナーとしても一時活動していた。
来歴・人物 埼玉県川口市出身。
早稲田実業在学中の1967年、ザ・テンプターズのドラマーとして16歳でデビュー、高校を中退。
1970年に解散後、井上堯之、大野克夫、萩原健一、岸部一徳、沢田研二というそうそうたるメンバーと1971年伝説の「PYG」というグループに籍を置きドラムスを担当する。
PYG脱退後は、1972年内田裕也のツアー参加時に意気投合したアラン・メリルと「ウォッカコリンズ」(Vodka Collins)を結成(1973年アランの渡英で解散したが、1990年代にかまやつひろしらと再結成)。
元テンプターズ/PYGの盟友である萩原健一のバックバンドでもドラムスを叩いていた他、セッションでの参加も数多い。
「時間ですよ」で俳優デビュー。
萩原健一主演のドラマ「前略おふくろ様」では室田日出男率いるピラニア軍団とも競演、「風の中のあいつ」では、黒駒の勝三(萩原健一)の子分役として出演していた。

関連作品