芸能人・経営者のおくやみ情報

青柳高鞆(あおやぎたかとも)

国学者、神道家[日本]

1892年 10月8日 死去享年53歳

天保11年1月10日生まれ。平田国学の影響を受けた。京都で、足利将軍家木像梟首事件に加わり捕縛される。維新後は、鹿島神宮 少宮司などを務め、明治10年より「やまと叢誌」を刊行。明治25年10月8日死去。53歳。下総国香取郡出身。名は別に、義尊・義貫。通称は、健之介または建之助。号は鼎斎。著作に「精神一注」など。(参照元・講談社 デジタル版 日本人名大辞典+Plus)

関連作品

青柳高鞆が亡くなってから、131年と230日が経過しました。(48078日)

「青柳高鞆」と関連する故人