芸能人・経営者のおくやみ情報

チャールズ・マリオン・ラッセルCharles Marion Russell

画家[アメリカ]

1926年 10月24日 死去享年63歳

チャールズ・マリオン・ラッセル(英: Charles Marion Russell, 1864年3月19日 – 1926年10月24日)は、アメリカ合衆国西部開拓時代の画家。
ラッセルは西部のカウボーイ、インディアン、風景の絵画を2,000点以上、加えてブロンズ像も作成した。
故郷のモンタナ州グレートフォールズにあるC.M.ラッセル博物館には2,000点の展示物がある。
「フラットヘッド・インディアンと会うルイスとクラーク(Lewis and Clark Meeting the Flathead Indians)」と題された彼の壁画は、モンタナ州ヘレナの州議事堂ビルに掛けられている。
彼の1918年の絵画「Piegans」は、2005年のオークションで560万ドルの値段で売れた。

チャールズ・マリオン・ラッセルが亡くなってから、95年と37日が経過しました。(34736日)

「チャールズ・マリオン・ラッセル」と関連する故人