芸能人・経営者のおくやみ情報

ヨハン・ハインリヒ・ランベルトJohann Heinrich Lambert

数学者物理学者[ドイツ]

1777年 9月25日 死去享年50歳

 - ウィキペディアより引用

ヨハン・ハインリヒ・ランベルト(Johann Heinrich Lambert、1728年8月26日 - 1777年9月25日)は、ドイツの数学者・物理学者・化学者・天文学者・哲学者。
地図の投影法(ランベルト正積方位図法・ランベルト正角円錐図法など)を考案したことや、円周率が無理数である証明をしたことなどで知られる。
主著に『新オルガノン』など。

「ヨハン・ハインリヒ・ランベルト」と関連する故人