芸能人・経営者のおくやみ情報

升味準之輔 氏(ますみじゅんのすけ)

政治学者[日本]

(東京都立大学名誉教授)

2010年 8月13日 死去膵臓がん享年85歳

升味 準之輔(ますみ じゅんのすけ、1926年4月1日 - 2010年8月13日)は、日本の政治学者。
東京都立大学名誉教授。
専門は日本政治史。
略歴・人物[編集] 長崎県出身。
1948年、東京大学法学部卒業。
東京大学研究生を経て、1952年から東京都立大学講師。
1953年から同大学助教授。
1963年から同大学教授。
学外では、日本政治学会理事長や日本学術会議会員などを歴任した。
近現代日本の政治史・政党史の実証研究を行い、主要国の政治過程に関する比較研究に従事した。
戦後日本の政党政治を「55年体制」と名づけたことで知られている。
また、九条の会の活動に賛同していた。
弟子の御厨貴は、「多くの若き東大出身の政治学者が、安保問題をはじめとする現実政治批判に傾斜したのに対して、升味さんは常に一歩距離を置」き、岡義武を師と仰ぐ形で「歴史分析、いや歴史の追体験とそれへの耽溺に惹きこまれてい」ったと述べている。
そのため、マスメディアにはあまり顔を見せず、『国家学会雑誌』や『都立大学法学会雑誌』などの大学紀要へ論文を発表することに注力したという。
御厨は、こうした升味の様子を「既成の“左翼イデオロギー”の呪縛から自由だった」と評した。
また、後年には「『日本政党史論』で著名な政治学の泰斗」とも呼んでいる。
著書[編集] 単著[編集] 『現代政治と政治学』(岩波書店 1964年) 『日本政党史論(全7巻)』(東京大学出版会 1965-80年、新 ……

関連作品

升味準之輔さんが亡くなってから、13年と344日が経ちました。(5092日)