芸能人・経営者のおくやみ情報

新橋遊吉 氏(しんばしゆうきち)

作家[日本]

(「八百長」で直木賞受賞)

2018年 2月17日 死去腎不全享年86歳

新橋 遊吉(しんばし ゆうきち、1933年3月29日 - 2018年2月17日)は、小説家。
本名は、馬庭 胖(まにわ ゆたか)。
大阪府出身。
初芝高等学校(現・初芝立命館中学校・高等学校)卒業。
さまざまな職業を転々としつつ、7年にわたる病気療養生活を送る。
その間も執筆活動を続け、1965年(昭和40年)に短編『八百長』で第54回直木賞を受賞。
以降、競馬を題材にした現代小説を数多く世に送っている。
2018年(平成30年)2月17日、自宅のあった堺市内の病院で腎不全のため死去。
84歳没。

関連作品

新橋遊吉さんが亡くなってから、4年と290日が経ちました。(1751日)