芸能人・経営者のおくやみ情報

玉川伊佐男 氏(たまがわいさお)

俳優[日本]

2004年 1月1日 死去享年83歳

玉川 伊佐男(たまがわ いさお、1922年1月11日 - 2004年1月1日)は日本の俳優。
本名同じ。
来歴・人物 東京府東京市四谷区新宿(現・東京都新宿区四谷)出身。
さまざまなジャンルの作品で知的な悪役を演じる一方、特撮テレビドラマ『スーパーロボット レッドバロン』等ではコミカルな演技やアクションも披露した。
日本俳優連合の常務理事として俳優の地位向上にも広く貢献。
1998年には芸能功労章も受賞した。
鈴木清順監督の信任も厚く、映画では数多くの清順作品に出演。
石原裕次郎とも日活映画への出演を通して交流を深め、石原プロモーション製作の刑事ドラマ『大都会』シリーズではレギュラーとして活躍した。
出演作品 映画 太陽のない街(1954年、新星映画) 女の決闘(1959年、新東宝) 下町の太陽(1963年、松竹) 陸軍残虐物語(1963年、東映) 肉体の門(1964年、日活) 帰郷(1964年、日活) 黒いダイスが俺を呼ぶ(1964年、日活) 乾いた花(1964年、松竹 / にんじんくらぶ) 春婦伝(1965年、日活) 東京流れ者(1966年、日活) けんかえれじい(1966年、日活) 逃亡列車(1966年、日活) 殺しの烙印(1967年、日活) 日本のいちばん長い日(1967年、東宝) 東京市街戦(1967年、日活) 黄金の野郎ども(1967年、日活) 黒部の太陽(1968年、三船プロ / 石原プロ / 日活) 昭和のいのち(1968年、日活) 忘れるものか(1968年、日活) 栄光への5000キロ(1969年、石原プロ / 松竹) 富士山頂(1970年、石 ……

映像作品