芸能人・経営者のおくやみ情報

加藤幸子 氏(かとうゆきこ)

作家[日本]

(1982年、「夢の壁」で芥川賞受賞。)

2024年 3月30日 死去心不全享年89歳

加藤 幸子(かとう ゆきこ、1936年9月26日 - 2024年3月30日)は、日本の小説家。劇作家の加藤道夫の姪。鉱床学者加藤武夫の孫。農林技師の子として、父の勤務先であった北海道札幌市に生まれる。両親ともに東京の出身。5歳から11歳までを北京で過ごし、戦後日本に引き揚げた後は東京都世田谷区の祖父宅で育つ。恵泉女学園高等学校2年の時、同居していた叔父加藤道夫が自殺して大きな衝撃を受ける。北海道大学農学部卒業後、農林省農業技術研究所・日本自然保護協会勤務を経て、1972~89年自然観察会代表。1982年、「野餓鬼のいた村」で新潮新人賞受賞、続いて1982年下半期(1983年1月)、「夢の壁」で芥川賞受賞。1991年、『尾崎翠の感覚世界』で芸術選奨文部大臣賞受賞、2002年、『長江』で毎日芸術賞受賞。自然と人間の共生を主要なテーマとする。2013年には未知谷より『加藤幸子自選作品集』全5巻が刊行された。日本野鳥の会会員。野鳥愛好家としても知られていた。2024年3月30日に、心不全により死去。

関連作品

加藤幸子さんが亡くなってから、62日が経ちました。