芸能人・経営者のおくやみ情報

アルバート・マンセルAlbert Henry Munsell

画家[アメリカ]

1918年 6月28日 死去享年61歳

アルバート・ヘンリー・マンセル (Albert Henry Munsell, 1858年1月6日 - 1918年6月28日) は、アメリカ合衆国の美術教師、画家。
マンセル・カラー・システムの発案者。
マンセルは1858年1月6日にマサチューセッツ州ボストンに生まれる。
マサチューセッツ芸術大学に学び、1918年にブルックラインで死去した。
アルバート・ヘンリー・マンセルは、色彩を数理的に精密に記述する体系である表色系の初期の試みである、マンセル・カラー・システムを考案したことでよく知られる。
マンセルはマンセル・カラー・システムに関して『A Color Notation』(1905年、『色彩の表記』みすず書房、2009)、『Atlas of the Munsell Color System』(1915年)、『A Grammar of Color: Arrangements of Strathmore Papers in a Variety of Printed Color Combinations According to The Munsell Color System』(1921年、死後に刊行)の三冊の本を著した。
マンセル・カラー・システムは国際的に受諾され、L*a*b*色空間を含む多くの表色系の基礎となった。
マンセルは1917年にマンセル・カラー社を設立した。
画家としては、海の風景画と肖像画で知られていた。
彼の息子、A・E・O・マンセルはマンセルの死後もマンセル・カラー・システムを社会に広めるよう努めた。

アルバート・マンセルが亡くなってから、103年と158日が経過しました。(37779日)