芸能人・経営者のおくやみ情報

アンドレス・ヒメノ 氏Andrés Gimeno Tolaguera

元男子プロテニス選手[スペイン]

2019年 10月9日 死去享年83歳

アンドレス・ヒメノ - ウィキペディアより引用

アンドレス・ヒメノ(Andrés Gimeno, 1937年8月3日 - )は、スペイン・バルセロナ出身の元男子プロテニス選手。
1972年の全仏オープン男子シングルス優勝者で、この大会で「34歳10ヶ月」の男子最年長優勝記録を持つ選手である。
1969年の全豪オープン決勝でロッド・レーバーに敗れた準優勝もある。
ヒメノのテニスは、堅固なグラウンド・ストロークや機転のきくボレーなどを持ち味とした。

アンドレス・ヒメノの競技経歴は1956年から始まり、彼は1960年まで「アマチュアテニス選手」として活動した。
アマチュア選手時代の戦績は、1959年の1959年全豪テニス選手権 全豪選手権と1960年の1960年全仏テニス選手権 全仏選手権で2度のベスト8がある。
その後、ヒメノは「プロテニス選手」に転向した。
当時のグランドスラム (テニス) 4大大会は出場資格がアマチュア選手に限定され、プロ選手たちには別の大会群があった。
1968年にテニス界は「オープン化措置」を実施し、プロ選手たちの4大大会出場を解禁する。
こうして、プロ選手のヒメノにも4大大会に戻る道が開かれた。
その新制度のもとで行われた最初の大会は、1968年の「1968年全仏オープンテニス 全仏オープン」である。
ヒメノはその大会でケン・ローズウォールとの準決勝まで勝ち進んだが、この時はすでに30歳を迎えていた。
全仏オープン → ウィンブルドン選手権 ウィンブルドン → 「全米オープン (テニス) 全米オープン」の後、翌1969年に最初の「全豪オープン」が行われる。
1969年の1969年全豪オープンテニス 全豪オープンで、31歳5ヶ月のヒメノは決勝でロッド・レーバーに 3-6, 4-6, 5-7 のストレートで敗れ、最初のチャンスでは優勝を逃した。
レーバーはこの勝利から始まって、1969年に自身2度目の「グランドスラム (テニス) 年間 ……