芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョージ・スチーブンソンGeorge Stephnson

技術者[イギリス]

(蒸気機関車を使った公共鉄道の実用化に成功し、「鉄道の父」と呼ばれる。)

1848年 8月12日 死去享年68歳

 - ウィキペディアより引用

ジョージ・スチーブンソン(George Stephenson、1781年6月9日 - 1848年8月12日)はイングランドの土木技術者、機械技術者。
蒸気機関車を使った公共鉄道の実用化に成功した。
「鉄道の父」と呼ばれており、ビクトリア朝の人々には立身出世の代表例とされ、自助論を提唱したサミュエル・スマイルズが特に彼の業績を賞賛した。
彼が採用した1,435 mmという軌間は「スチーブンソンゲージ」とも呼ばれ、世界中の標準軌となっている。

関連作品