芸能人・経営者のおくやみ情報

ウラジミール・コマロフVladimir Komarov

宇宙飛行士[ソ連]

1967年 4月24日 死去激突享年41歳

ウラジミール・コマロフ - ウィキペディアより引用

ヴラジーミル・ミハイロヴィチ・コマロフ(ロシア語: Влади́мир Миха́йлович Комаро́в; IPA: [vlɐˈdʲimʲɪr mʲɪˈxajləvʲɪtɕ kəmɐˈrof]; 1927年3月16日 – 1967年4月24日) は、ソヴィエト連邦の試験飛行操縦士、航空宇宙飛行士、航空宇宙機関士。
1964年10月、複数の搭乗員を乗船させた宇宙飛行、ヴォスホート一号(Восход-1)の指揮を執った。
のちのソユーズ一号(Союз-1)の打ち上げにおいては、有人宇宙飛行で初の単独操縦士に選抜され、ソ連の宇宙飛行士として2度の宇宙飛行を経験した最初の人物となった。
1967年4月23日、コマロフはソユーズ一号に単独で搭乗し、宇宙へと打ち上げられるも、落下傘型安全装置が機能不全を起こし、ソユーズ宇宙船は地上に墜落。
宇宙事故による非業の最期を遂げた最初の人物にもなった。
1960年に選抜された宇宙飛行士の第一隊の中では、コマロフは最も経験豊富かつ優秀な候補者の1人とみなされた。
宇宙飛行計画に参画中の彼は、医学的見地から、「訓練や宇宙飛行には不適格」との宣告を2回受けたが、剛毅さ、優れた技術、工学技術の知識により、自身の役割を果たし続けた。
1960年1月に設立されたガガーリン宇宙飛行士訓練センターでの訓練生のころには、宇宙船の設計、宇宙飛行士の訓練、評価、広報・宣伝活動に尽力した。

ウラジミール・コマロフが亡くなってから、55年と282日が経過しました。(20371日)